FC2ブログ

ご注意:20歳未満の方、嫌悪感をお持ちの方はブラウザを閉じてください。

このブログは、奥様や叔母さん、お姉さん・・・など、身内のパンティにこだわったブログです。
更新が少なくてもブログの雰囲気だけで、ジュニアがムズムズするようパンティフェチブログを目指して頑張っております。
凄~くゆっくりな更新かもしれませんが・・・皆さまよろしくお願いいたします。

作品を投稿していただく場合は『パンティ画像掲示板』へ!
(投稿作品はこのブログで紹介、コンテンツに使用させて頂くことがありますので、ご了承ください。)



オススメパンティリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティ物語-『私のスカートの中を・・・』

このパンティ物語は布吉の勝手な妄想です。

『私のスカートの中を・・・』
33歳 主婦(女性)

それは郊外の大型スーパーの中にある本屋さんに行った時のことでした。
私は料理が趣味ということもあり、本屋さんに行くと必ず新刊が無いかチェックしています。
いくつかの本の中を一通り確認し、また別の本を探そうと少し後ろに下がった時、誰かの鞄を蹴ってしまったようなんです。
「あ、ごめんなさい」そう言って後ろを振り返ると、そこにはお隣のご主人が立っていました。
「あっ」とご主人はちょっとびっくりしたような顔をした後、「すみません」と引きつったような笑い顔のまま頭を下げ、逃げるようにして男性誌の方に行ってしまいました。
私は一瞬の事で訳がわからないまま立ちつくしていました。

お隣とは、お互いの家に行き来するくらい親しいのに、今日はあんなに焦ってどうしたのかしら?と少し不思議に思いましたが、その時は又そのまま本を選んでいました。
それから少しして選んだ本をレジに持って行くと、ちょうどお隣のご主人も並んでいましたが、声をかけずにその後ろに並びました。
今から思うとご主人の動きが少し変だったと思います。
キョロキョロと周りを見たり、しきりに足下を気にしていました。
その行動が少し気になったので、そっとご主人の足下を覗いてみたんです。
その瞬間私は、はっと息を飲みました。
ご主人は私と同じ歳くらいの女性の後ろに並んでいたのですが、その女性のスカートの下に鞄を潜り込ませるように入れていたんです。
そして女性が支払いが終わって立ち去ると、慌てて鞄のジッパーを閉めたんですが、その時私見えちゃったんです・・・カメラのレンズが。

そうなんです、お隣のご主人は、その女性のスカートの中を盗撮していたんです。
あの優しくてハンサムなご主人が女性のスカートの中を盗撮するなんて、どうして?
あっもしかしてさっき、私にぶつかった時もスカートの中をビデオカメラで・・・。
そう考えると私は急に顔が熱くなり足が震え出しました。
ご主人にスカートの中を覗かれた・・・私のパンティを見られてしまった・・・。
もう顔から火が出るくらい恥ずかしくて、その後家にかえるまで記憶がほとんどありませんでした。

その日以来、お隣のご主人と顔を合わす度に「今、私の穿いているパンティを想像しているのかしら?」や「私の穿いていたピンクのパンティをビデオで観ながらオナニーをしているのかしら?」と考えるようになりました。
ご主人は、私がスカートの中を覗いた事を知らないで、いつもと変わりなく爽やかな笑顔で挨拶しています。
あの笑顔の裏にあんな変態な一面があるなんて・・・。
私、隣のご主人が私のパンティを妄想しているところを想像すると、あの本屋さんの衝撃を思い出して凄く興奮しちゃうんです。
今では毎朝、ご主人に挨拶するたびにパンティを濡らしています・・・。
あの本屋さんの出来事は誰にも話していません。
もう一度あんな風に興奮したいんです・・・。

panty-003.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

パンティ物語-『義母のパンティ』

このパンティ物語は布吉の勝手な妄想です。

『義母のパンティ』
25歳 会社員(男性)

去年、父(53歳)が再婚し義母(早智恵41歳)と3人で暮らしています。
私の密かな楽しみを聞いて下さい。
それは義母のパンチラやシミパンを携帯で見ながら義母と話す事なんです。
食事中やテレビを観ている義母を携帯のパンティ画像と見比べながら楽しんでいます。
義母は「食事中にメールなんてして、行儀悪いわよ。」と言って私の楽しみには全く気づいていません。
「今日はどんなパンティを穿いてるのかな~」
「そんなに澄ましていてもパンティは汚れてるね」
「今、早智恵のパンティを見てるんだよ・・・」
と目の前にいる義母のパンティ画像を見る興奮は当分やめられそうにありません。
ちなみに義母はシンプルなデザインの綿パンティが多いです。
私としてはレースのついたSEXY系パンティをもっと穿いてほしいです。

panty-002.jpg

パンティ物語-『投稿パンティ』

このパンティ物語は布吉の勝手な妄想です。

『投稿パンティ』
31歳会社員(男性)

私は投稿した写真(妻が汚したパンティ写真)が皆さんに見られ、オナニーの対象にされていると思うと・・・凄く興奮しちゃうんです。
皆さんからのいやらしい妻へのコメントにアソコがギンギンになってしまいます。
ですので、妻とSEXする時は必ずといっていいほどパンティの上から責め立て、愛液でパンティをベトベトにします。
妻は「パンツが汚れちゃうから脱がして」と言いますが私は聞き入れません。
私は根っからのパンティフェチということもあり、パンティの肌触りや愛液で濡れたクロッチの感触を楽しむのが大好きなのです。
それに「愛液で汚れたパンティを皆様に見てほしい!」、「妻のパンティを見てオナニーしてほしい!」という願望もあり、これからもパンティ愛撫はやめません。
そして挿入もパンティを穿かせたまますることもあります。
(妻を四つ這いにさせて、バックからパンティのクロッチをずらし挿入します。)
そして「皆さんに汚れたパンティ画像を見られオナニーされてるんだよ・・さぁ、今日もたっぷり汁を染み込ませてパンティを汚すんだ!ほら!ほら!もっと!もっと!」と心の中で呟きながらバックから突くと凄く興奮するんです。
私は『妻を汚されたいフェチ(?)』でもあるようです(笑)

panty-001.jpg

好きなパンティのシチュエーション

パンティのシチュエーションといっても様々ですよね。
パンアレの投稿作品をはじめネットで沢山のパンティ作品を見させて頂いておりましたが、やっぱり私の好きなシチュエーションは「生活感」を感じられるものが一番です!


『第1位』 干されているパンティ
外干し、内干しどちらも大好きです!
色とりどりのパンティが並んだ様子は本当に興奮します。
持ち主が選んで穿いたパンティが並んでいるなんて・・・たまりません!


『第2位』 穿きこまれた普段穿きパンティ
糸が出てたり、リボンがよれよれになっていたり、パンティ全体が毛羽立っていたり、勝負の時には絶対に穿かないような普段穿きのヨレヨレパンティって大好物です。
生活感漂うパンティって本当に興奮します!


『第3位』 洗っても落ちない「洗濯済み」のシミ付きパンティ
私は濃いシミよりも薄いシミが好きなのですが、洗っても落ちないシミも大好きです!
長年穿きこまれて、とれなくなったシミにすご~~~く興奮しちゃうんですよぉ~。
なぜに洗濯済み?と思われるかもしれませんが、洗っても落ちないシミは洗濯済みじゃないと確認できませんよー(笑


『第4位』 洗濯機の中、脱衣かごの中にあるパンティ
お宝を探すようなドキドキ感がたまらないです~。
家族が寝静まった夜中やお風呂に入るわずかな時間にパンティチェック!
このドキドキ感と脱ぎ捨てられたパンティの生活感が一つに!
あぁ~たまりましぇ~~~ん!


『第5位』 タンスの中のパンティ
パンティのお花畑!これがタンスの中のパンティですよねー。
普段一番穿かれるものが手前に並んでいたり、まだ穿いていない新品があったり、その持ち主の方のパンティの趣味を知ることができますぅ。
普通の主婦が黒のレースを持っていたり、OLさんがボーダーの可愛いパンティを持っていたりと、ギャップも楽しめますしね!

パンアレBlogの管理人 布吉(ぬのきち)です。

パンアレBlog(パンティアレンジメントBlog)の管理人 布吉(ぬのきち)です。
この度、パンアレをブログというかたちで細々と始めさせて頂きました。
以前パンアレを諸事情によって閉鎖することになってしまい(突然の閉鎖でご迷惑をおかけしてすみませんでした。)、非常に辛い思いをしましたが「また皆さんとパンティについて語り合い!」という気持ちが大きくなり、ブログを始めさせて頂きました。
やはりパンティフェチはやめられませんねー。
以前のような運営は出来ないとは思いますが、細々とやっていきたいと思っておりますので、パンティフェチの皆々様よろしくお願いいたしますm(_ _)m
テキストだけのコラムが多くなるかもしれません・・・。

ブログの趣旨(パンアレの考える身内萌えパンティ)ですが、
 ・奥様、ご自分のお姉さん、義理の妹さんなど、身内のパンティ。
 ・ご自分の家にある身内のパンティ=洗濯干し(物干しのパンティ)、洗濯かごのパンティ、洗濯機の中のパンティ、薄いシミパン、洗濯済みパンティ(洗っても落ちないシミパン)。
にこだわっていきたいと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。